ホーム » 筋トレ

筋トレ」カテゴリーアーカイブ

筋トレのスタンダード・腕立て伏せで「胸の谷間」を作る方法

筋トレと聞いて「腕立て伏せ」が思う浮かぶ人も多いのではないでしょうか。
器具がなくても可能で、自分の体重だけで適度な負荷をかけられる腕立て伏せは、筋トレメニューの定番です。

そんな腕立て伏せのやり方を変えるだけで、筋肉がつく場所が変わってくること、ご存知ですか?
今回は「胸の谷間」を作りたい人向けの腕立て伏せのやり方を解説します。

効果あり?鍛神HMBの最安値通販と購入して飲んだ口コミ&評価!

一般的な腕立て伏せのやり方は、床に腕と足を着き、体を真っ直ぐにしてから、腕を曲げて体を床に近づけるというもの。
筋肉が少ない女性なら、足のつま先ではなくて膝をつけたほうがやりやすいですね。

このとき、一般的な腕立て伏せは肩幅よりやや広めに手を着きますが、「胸の谷間」を作る腕立て伏せの場合は、手を近づけて、幅を狭くします。
ちょうど両手の人差し指と親指を使って、上向きの三角形を作るようなイメージです。

こうして手をつく位置を内側に変えることで、大胸筋という胸の筋肉の、内側を鍛えることができます。
大胸筋の外側をいくら鍛えても、胸の谷間はできません。内側を鍛えることで筋肉と肋骨前部の位置に差が生まれて、谷間があるように見える、というわけです。

ただしこの方法の腕立て伏せはかなりきつく、普通のやり方で10回できる方でも5回できるかどうか。
最初は少なめの数から試してみてください。女性なら膝をついた状態で、腕を途中まで曲げるハーフ腕立てでもかまいません。

慣れてきたらだんだん数を増やしていきましょう!

大胸筋の内側が鍛えられると、体の前後方向に厚みが出てきます。
体のラインは変えたくないけれど、芯がしっかりした体を作りたいと思っている人にオススメのトレーニングです!

ジムの運動は継続的なダイエットには欠かせません

家で自分らしい時間を楽しんでいくことはいつの時代でも多くのかたにとっては大切な意味をもつのです。好きな体型を自分で維持するには普段から自分らしい体を楽しんでいくことを考えていかなければなりません。ジムは普段ハードな仕事などで健康を害する危険性のあるかたにとっても健やかな体を維持するうえでも欠かせない方法となります。メイプアップの効果

ジムで継続的に運動をすることでより健やかな体を作っていくことができます。運動を頑張っていくことでより充実した時間を送っていくことが可能となります。一人で運動をすることに抵抗感があるようであるならばジムで仲間を作っていくことでより充実した時間をお互いに楽しんでいくことが可能な方法となります。

自分らしい体を自分で楽しんでいくには普段からこのような方法で素敵な体をメンテナンスをすることが可能となるように自分で目的をもって意識的に運動が継続的な運動をすることができる環境を自分で楽しんで見つけていくことが可能となるのです。

素晴らしい運動習慣はいつの時代でも多くのかたが素敵な時間を送っていくうえでも大切な方法となります。家で過ごす時間を使っていくことも大切な筋トレタイムとなりますが、やはり家では使用できない機材を使っていくことで、より高い効果を得ることが可能となるのです。

筋トレの情報収集でおすすめなもの!

みなさんは、筋トレに関する情報収取をするとき、どのような方法で収集されているでしょうか?http://compagnielamangouste.com/

恐らくほとんどの方が、本やネット記事から収集されているのではないかと思います。そこで今回、私がおすすめしたいのが動画サイトです。

動画サイトというとYouTubeが代表格ですよね。YouTube上には、理学療法士の方やジムトレーナー、専門家ではなくとも筋トレに精通している人がチャンネルを開設していて、それぞれのおすすめの筋トレ方法について紹介しています。中には、トレーニングそのものだけでなく、食事や筋トレに関わる生活習慣を実体験をもとにプレゼンしている方もいらっしゃいます。さらにYouTubeにはコメント機能があるので、動画の作者本人に直接、内容の不明点や自分の取り組みについて相談できる場合もありますし、よりよい筋トレライフをおくるヒントを貰うこともできるのです。

ちなみにですが、最近話題の動画アプリTikTokでも筋トレ特化型のチャンネルを運営されている方もいらっしゃいます。TikTokは、YouTubeと違い動画の尺が15秒~30秒と短いのですが、トレーニングの要点が分かりやすくまとめられたものもあるので参考にしてみるがおすすめです。

動画全盛の時代ということもありますが、筋トレもネット上の動画を使用して、より効果的なものにしていくのもいいかもしれませんね。

筋トレの効果を上げるテクニック

こんにちは 今回は筋トレの効果を上げるマル秘テクニックについてご紹介します。これを意識するだけで、いつもの筋トレがより安全により効果的になりますので是非ご覧ください。

1、筋トレ前には10分間の有酸素運動を!鍛神HMBは市販の店舗で購入可能?3ヶ月飲んだ効果と私の口コミ評価!

 筋トレするのに有酸素運動!?と思われた方もいるかもしれませんが、これが結構重要なんです。筋トレ前にランニングなどの有酸素運動を少し息が上がるくらいのペースで10分間行うことで、筋肉と腱の温度が上がります。この温度が上がることによって、神経系が活性され筋出力も上がりますし、柔軟性も上がって怪我のリスクも大幅に抑えることができます。このちょっとした手間によって、効率も安全も手に入れることができます。

2、タンパク質は筋トレ後30分だけじゃない

 筋トレ後30分以内にタンパク質を摂取することは有名な話ですが、実はたんぱく質の摂取は筋トレ後24時間を意識すべきなんです。30分以内が特にタンパク質の摂取が筋を作るのに優れていますが、24時間以内であれば通常時よりもタンパク質に対する反応は格段に上がっています。なので、筋肉をより大きくしたいと考えている方は、24時間しっかりとタンパク質をとることを意識してみてください。