ホーム » 育毛 » 外出の機会が減り薄毛隠しのストレスから解放され

外出の機会が減り薄毛隠しのストレスから解放され

コロナの影響でぐんと外出する機会が減り、確かに部屋に閉じ込められるストレスや欲求不満は溜まっているものの、その一方薄毛に対する神経質な程のケアが必要無くなり、ある意味ホッとしている自分がいます。

オフに出掛ける際は薄毛隠しの帽子選びにも結構時間を掛け、それにマッチする服装選びにも気を使っていたものでしたが、その必要性が殆ど無くなり、酷使していた帽子一式を思い切って洗濯する余裕が生まれました。

ニューモ育毛剤の口コミと効果を紹介!市販の実店舗での取り扱いは?

長期間殆ど洗わず酷使してきたとあって、綿のワークキャップはたっぷり汗を含み、軒並み天辺に汗染みが出来上がっています。じっくり漬け置き洗いをし、1時間程を掛け、ようやく全ての汚れを落とす事が出来ました。

また春先の天候の激変は体調を大きく崩す原因となります。薄毛隠しに頭全体すっかり刈り上げているという事もあり、雨が降ると頭頂部も薄ら寒く、温かいニットキャップを被りたい気持ちにさえなります。

頭がキンキンに冷える程寒さを感じると、大抵喉が痛くなったりお腹が張ったりしますから、髪の毛が無くなった頭頂部はある意味体調を測るバロメーターの様なものです。

暑くて頭皮からたっぷり汗をかくのも気持ち悪いものですが、寒過ぎるのもまた御免。何も気にせずに済む心地良い春の訪れを待ち望むばかりです。