ホーム » 臭いケア » 気になる加齢臭の原因や対策

気になる加齢臭の原因や対策

 加齢臭は年齢を重ねる毎に気になります。その加齢臭の原因や対策について簡単に紹介します。

プルーストクリームの悪い口コミや評判を徹底検証!実際に使ってみた効果が衝撃的!?

加齢臭とはどんな臭いでしょう。中高年特有の脂臭く、青臭いの事です。ノネナールという臭いの原因物質で年齢を重ねる毎に増加するパルミトオレイン酸という脂肪酸が過酸化脂質や皮脂常在菌によって酸化したり分解されることで発生します。このノネナールは男女を問わず40歳過ぎたぐらいから増えてくるので、男性に比べ皮脂量の少ない女性でも安心はできません。暑い時期は皮脂量が増えるので要注意です。

 加齢臭はどこから臭うのでしょう。頭部や首の後ろや耳の周り、胸元や脇や背中などから発生します。よく枕の臭いが気になることを聞きます。頭部は、皮脂の分泌量が多く臭いやすい場所だからです。

 加齢臭を防ぐ方法は4つあります。1つ目が朝晩のシャワーや入浴で余計な皮脂や汗を洗い流し、清潔を保つことです。皮脂量が多く自分ではわかりにくい背中は念入りにしましょう。2つ目が加齢臭に対応したデオドラント製品を使用することです。3つ目が外出先でも、こまめに皮脂や汗を拭きとることです。4つ目が臭いは衣服にも残るのでこまめにクリーニングすることです。

 ノネナールの発生を抑えるために皮脂や汗をこまめにケアすることが対策のポイントです。最近では加齢臭に対応した石鹸やボディーソープ、制汗剤などのデオドラント製品があるので使ってみると良いでしょう。