ホーム » スキンケア » 肌が乾燥する原因とは

肌が乾燥する原因とは

お肌の悩みの一つに「乾燥」がありますが、これには以下のような原因があります。

「生活習慣による物」。http://www.watermarkskiclub.com/

健康な肌であれば、ターンオーバーも正常に行われます。

ですが、睡眠時間が不規則だったり、夜更かしが多かったりすると、寝ている間に分泌されるべき成長ホルモンが分泌されず、ターンオーバーが正常に行われなくなります。

また、食事から摂取している栄養は、ターンオーバーのためにも使われているので、偏食などによって栄養が足りなくなると、肌の健康も損なわれます。

そして、洗顔の際に肌を強くこすったりするのも、乾燥の原因となります。

「紫外線」。

紫外線は、シミやシワなど、いろいろな肌の老化の原因となりえます。

特に、「UVB」は、肌の表面にダメージを与えるので、それによって日焼けが起き、角層から水分を取り去ると共に肌のごわつきが生じることになります。

また、夏は汗をかくことで肌の表面のpHバランスが崩れて細菌が繁殖しやすくなり、バリア機能が下がってしまうこともあります。

「加齢」。

角層の中にある天然保湿因子や皮脂といった物は、年をとるにつれて減っていきます。

それと同時に肌のバリア機能も下がり、外部からの刺激に弱くなってしまうのです。