ホーム » ダイエット » 身体にとって良いものを選択するダイエット

身体にとって良いものを選択するダイエット

私の身長は160cm。30代に入ってあれよあれよという間に、体重が70キロに達してしまった。
実家に帰るたびに『また太った』『痩せないのか』と親にバカにされてうんざり。帰省するのも嫌になってしまった。
身体が重いし、心も重い。『健康になりたいなぁ』ある日そう、ふと思った。

http://www.vikingai.org/

今年の夏、思い付きでダイエットをしてみることに決めた。

まずは近所をウォーキングするところから。気温35度を超える真夏の空の下、毎日5キロほどあるいた。そうすると1週間くらいで1キロやせた。
Youtubeでダイエット系、健康系、筋トレ系の動画を見てみることにした。
筋トレをしてみるけれど、身体が思いせいか、思うように動かせない。
それでも、軽くなれば動くのではないかと思い、毎日地道に少しづつ筋トレを重ねることにした。

有酸素運動と筋トレで、70キロあった体重は65キロまで落ちた。
しかしそこから一向に落ちない。なぜだろう。思い当たることがひとつだけある。

そう、私は食事制限を全くしていなかった。

食についての知識を深めることにした。筋トレをして筋肉をつけるにはたんぱく質が不可欠であること、
一日に摂取できるカロリーの中に、タンパク質、脂質、炭水化物をバランスよく収めること。(PFCバランス)

食事を腹八分目で抑えるようにし、PFCバランスを意識した食事をするようにした。
最初のうちは違和感があったが、食べるものを我慢するのではなく、身体にとって必要なものを選択するという意識に変えた。
必要なものを必要な分摂っていたら、どんどん体が軽くなるのが分かった。

そして現在、59キロまで体重が落ちた。
夏から数か月だが、これはかなりの成果だと思う。
食事と運動をバランスよく、コントロールする。ダイエットにおいては当たり前のことだが、不可欠なのだと思う。
正しい知識を身につけて実行すれば、誰しも限りなく理想の体型になれるのではないだろうか。