ホーム » スキンケア » 数箇所のシミの反省と考察

数箇所のシミの反省と考察

顔のシミが初めて気になったのは20歳を過ぎた頃でした。
左頬の上部分に薄いけど少し大きなシミができていました。

それから仕事の行き帰りで外に出る機会が多くなり、私は日焼け止めも化粧もしない人なので、案の定頬を中心に薄いシミが何箇所もできてしまいました。

シロジャム(Sirojam)の口コミと効能!

また、昔から鼻の毛穴の汚さがとても気になっていました。毛穴パックをやっても良くなるどころか、開いてきた気がして気がつけば真っ黒ないちごの小鼻に。

しかし、シミは一番気にしている小鼻にも容赦なくできてしまいました。
そこでようやく、事の重大さに気付き、まず最初はきゃりーぱみゅぱみゅが言っていた、どうして肌が白いの?の質問に私は日陰しか歩かないのと言っていた事を思い出し、今でもやっている事ですが、日陰のみ歩くようにしています。
また、外ではサングラス必須、母が居る時は日傘に一緒に入り出掛けるようにしました。

そのおかげで、有難い事に今日までシミが増えることはほとんど無くなりました。
また、顔に塗るクリームも、最初は油、馬油を顔いっぱいに塗りあまり効果が無く、今はシミ対策のクリームに落ち着きました。
今言えることは、あの時日焼け止めを塗っていれば良かったと強く思います。また、出来てしまったシミの対処はその日のうちにするべきです。