ホーム » スキンケア » 脂の乗った年齢に必要なのはオイル

脂の乗った年齢に必要なのはオイル

私は33才の都内在住のサラリーマンだ。

都内で新サービスの企画担当などを行いながら妻と子一人の平凡な家庭を持っている。

アスハダの効果を辛口評価!私の口コミやネット上の評判などをご紹介!

30代になると脂の乗った年にになったと一般的には言われる。

10代や20代の頃の脂とは違い、嫌な匂いも感じることも少なくはない。特に気になり出したのがここ数年、

妻から「あなた、頭皮が少し匂うよ?」自分では感じなかった、いや正確には感じていないふりをしていたのだと思う。

頭皮や顔を触ると夜にはベタベタするのを感じていたが、何か対策をすることなく、過ごしてきた。

これから子供が大きくなったときに、「お父さん、臭い・・・」そんなこと言われたくない。

「お父さん、いつもかっこいい」、、、これだ。

早速私は持ち前のリサーチ力を駆使して、男性の頭皮や肌の脂に効果があるものを探すことにした。

この脂とはそもそも何なのか、まずそこから調べることにした。

この脂は「皮脂」と呼ばれる体内分泌物である。

毛穴から出るこの脂が酸化することにより匂いになるというわけだ。

では一生懸命にシャンプーでとるのがいいのか?

シャンプーに含まれる界面活性剤という成分が頭皮の余計な油分をとってくれるというらしいが、

実はこれには落とし穴がある。

油分を取るだけでは、その毛穴が不足を感じてさらに新しい脂を出そうとするのだという。

「これでは意味がない・・・」

しかし調べている中で、興味深い内容を目にした。

ホホバオイルで肌や頭皮をマッサージしてからシャンプーをするという方法だという。

脂同士は互いに結びつく性質があることを利用している方法だという。

このオイルで頭皮の脂を取る方法を試したところ、劇的な変化を感じた。

普段のシャンプーの洗い上がりよりも髪の毛にふんわりとした感触を感じた。

二日に一回の継続により私は加齢臭に打ち勝ったのである。

金額的にも負担にならないものがあり、

オススメは無印良品の「ホホバオイル」、ヴェレダの「ヘアオイル」である。

同じ悩みを持つ同志にぜひ使って欲しい。