ホーム » バストケア » 貧乳、その事実に吹っ切れるまで

貧乳、その事実に吹っ切れるまで

貧乳。この一言に、悩んできましたが、まぁ、最近は笑い話であったり、ネタにできるようになりました。いや、そりゃ、豊満なあの柔らかい胸に憧れるてないわけではないですよ。友達のを触らせてもらったことも何度かあります(笑)

ルーナブラの口コミ!

服も、まっすぐストーンてなるし、なんなら、ウエディングドレスの試着の時も、肩出しのオフショルダー的なやつとか、肋骨が浮き出て、胸パットが不自然に浮いてて、旦那と笑った事さえあります…。

仲良い男性だからまぁいいけど、貧乳をいじられる事も何度か。いい意味でエロくないとか、どんな意味ですかい!女たるもの、多少はエロく見られたいですわ。水着だって、カップが入ってると、隙間が出来るし、チューブトップは下がってくるし、あまりに小さいと盛ることさえ出来ないのです。寄せて上げるものが、まず、ない。

ナイトブラも使ってるけど、育つ気配もない。
それに、これもかなりの悩み。アレルギー体質な事もあり、乳頭が荒れる事があって、男女憧れの薄ピンクの乳頭なんて夢のまた夢。荒れてくすんだ硬い乳頭…悲しいもんです。荒れてる時はブラジャーも汚れるし、痒い。人前でかくわけにもいかず、ひたすら我慢。

大きい人の、垂れてきたとか、大きすぎて服を選ぶとか、悩みが羨ましい。とも、思うが、無い物ねだり。無いものはない。仕方ない。
歳を重ねて、人と比較する事をやめてから、やっと自分の体型を受け入れられるようになりました。
でも、正直に言えば、今からでも、大きくなるのなら、なって欲しい。女性らしさが欲しいです(笑)