ホーム » 出来事 » 配線をすっきりさせるための鉄則

配線をすっきりさせるための鉄則

デスクトップパソコンにノートパソコン、プリンターに電話の子機、スマホの充電器に電気スタンド。私の机の上は線だらけです。一本引っ張ると別の線がついてくるし、きれいに配線してあったのに、いつの間にか絡まっています。配線に悩まされている人は、きっと私だけではないはず。そこで、きれいで便利な配線にするための鉄則について調べました。

電源の近くで配線をまとめて隠す。これをするだけで随分見た目が変わります。長いものは束ね、必要な長さだけを残してあとはしまってしまいましょう。

例えば、デスクトップパソコンの裏、引き出しの裏、足元など、できるだけ見えない場所にまとめます。隠し場所がない時は、配線ボックスにしまいます。

床に這わせるなど、見える場所に線が出る時は、ルートを決めて固定します。あちこち線が散らばらないよう、同じルートにまとめられるものは束ねます。

その際、線の両端にタグをつけておくと、どれが何につながっているかが分かるので、間違って電源を抜いてしまったり、必要な線が迷子になったりするのを防げます。機器の移動や配線をし直す時にも便利です。

配線ボックスや結束クリップなど、最近は配線をすっきりさせるためのグッズが色々売られていますので、使いやすそうなものを選んで整理してみてください。私も早速便利グッズを探しに百均へ行きたいと思います。